読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白髪染めキラリとろーりムースの全成分を紹介します

白髪染めキラリとろーりムースの全成分を解説。全成分から分かるキラリとろーりムースの特徴など。

キラリとろーりムースの全成分とは

こちらでは、人気の白髪染めカラートリートメント
キラリとろーりムースの
全成分を紹介します。

水・DME・ミリスチン酸イソプロピル・DPG・炭酸水素アンモニウム・ステアルトリモニウムクロリド・クロルヒドロキシAl・フェノキシエタノール・水添ナタネ油アルコール・セテス-40・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルアルコール・オクチルドデセス-20・イソプロパノール・オレンジ果皮油・オクチルドデセス-16・ミネラルオイル・ポリクオタニウム-7・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド・グリチルレチン酸・ラベンダー油・パンテノール・BG・PCA-Na・乳酸Na・カンゾウ根エキス・アカミノキ木エキス・アルギニン・アスパラギン酸・PCA・グリシン・アラニン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・ガゴメエキス・ヒスチジンフェニルアラニンクチナシ果実エキス・窒素 (+/-)塩基性青99・塩基性茶16・塩基性赤76・HC青2・HC黄2・HC黄4

成分を見てみると、
アレルギーの心配がある、
ジアミン(パラフェニレンジジアミン)を
配合されていません。

副作用や白髪染めアレルギーという点では
安心と言えるでしょう。

また、一部界面活性剤なども
使用されていますが、
肌には問題のない程度のものです。

実際に使用した方の書き込みでも、
かゆみやかぶれといった
皮膚トラブルの報告は見かけませんでした。

聖マリアンナ医科大が開発に
携わっているだけあって、
皮膚への刺激は少ないと言えるのかもしれませんね。


他に注目すべき成分は、
キラリとろーりムースの大きな特徴である
「ヘアケアキューブ」です。

ナノエッグが独自に開発した成分で、
髪を傷めずに、染料、美容成分を
髪内部に浸透させていきます。

キラリとろーりムースの、
染毛力とダメージケア力は、
このヘアケアキューブが鍵になっています。

成分にこだわりをもったキラリとろーりムース。
ぜひ一度お試しください。

 

→キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる