白髪染めキラリとろーりムースの全成分を紹介します

白髪染めキラリとろーりムースの全成分を解説。全成分から分かるキラリとろーりムースの特徴など。

キラリとろーりムースの全成分とは

こちらでは、人気の白髪染めカラートリートメント
キラリとろーりムースの
全成分を紹介します。

水・DME・ミリスチン酸イソプロピル・DPG・炭酸水素アンモニウム・ステアルトリモニウムクロリド・クロルヒドロキシAl・フェノキシエタノール・水添ナタネ油アルコール・セテス-40・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルアルコール・オクチルドデセス-20・イソプロパノール・オレンジ果皮油・オクチルドデセス-16・ミネラルオイル・ポリクオタニウム-7・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド・グリチルレチン酸・ラベンダー油・パンテノール・BG・PCA-Na・乳酸Na・カンゾウ根エキス・アカミノキ木エキス・アルギニン・アスパラギン酸・PCA・グリシン・アラニン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・ガゴメエキス・ヒスチジンフェニルアラニンクチナシ果実エキス・窒素 (+/-)塩基性青99・塩基性茶16・塩基性赤76・HC青2・HC黄2・HC黄4

成分を見てみると、
アレルギーの心配がある、
ジアミン(パラフェニレンジジアミン)を
配合されていません。

副作用や白髪染めアレルギーという点では
安心と言えるでしょう。

また、一部界面活性剤なども
使用されていますが、
肌には問題のない程度のものです。

実際に使用した方の書き込みでも、
かゆみやかぶれといった
皮膚トラブルの報告は見かけませんでした。

聖マリアンナ医科大が開発に
携わっているだけあって、
皮膚への刺激は少ないと言えるのかもしれませんね。


他に注目すべき成分は、
キラリとろーりムースの大きな特徴である
「ヘアケアキューブ」です。

ナノエッグが独自に開発した成分で、
髪を傷めずに、染料、美容成分を
髪内部に浸透させていきます。

キラリとろーりムースの、
染毛力とダメージケア力は、
このヘアケアキューブが鍵になっています。

成分にこだわりをもったキラリとろーりムース。
ぜひ一度お試しください。

 

→キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる  

 

 

 

キラリとろーりムースの最安値窓口は

キラリとろーりムースの最安値を
調査しました。

答えから入りますが、
キラリとろーりムースの最安値は
公式サイトです。

楽天とアマゾンも調べましたが、
割引がありませんでした。

公式サイトは、
初回購入特別価格がありました。
初めての方なら、2,760円です(送料無料)。

また、そのほかに
シャンプー・トリートメントお試し2回分、
カラートリートメント用コーム、
手袋がついています。

公式サイトなら、
値段も安くて特典付きでお得ですね。
窓口としても信用できるものですから、
安心です。

 

 →キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる

 

 

使用の際の注意事項

キラリとろーりムースを使用する際の
注意事項などを解説します。

キラリとろーりムースは、
2013年頃から販売されている
「煌髪(キラリ)」カラートリートメントの
リニューアルバージョン。

以前は、素手で使用することが
できていましたが、
新しいキラリは、染毛力が強くなり、
素手で染めることはできなくなりました。
手袋を使用して染めてください。

素手で使用しても問題はないのですが、
手に色がつくと
落ちにくくなりますので、
手袋を使うことをおすすめします。

キラリとろーりムースは、
お買い上げの際に、
手袋がセットになっていますので、
それを使えば大丈夫ですね。

 

 →キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる

 

 

 

広告を非表示にする

敏感肌の方にもお使いいただける処方です

キラリとろーりムースは、
ノンジアミン処方で、
アレルギーの心配なく使える
白髪染めカラートリートメントです。

口コミでも、「髪や頭皮の
刺激にならない」という評価を
受けていましたし、
実際、敏感肌の方でも
刺激にならずに使えたという声もありました。

誰にでもトラブルがないとは言いきれないので、
肌が敏感な方は
事前のパッチテストをおすすめします。

ですが、白髪染めカラートリートメントの中では
低刺激と言えます。
キラリとろーりムースの大きな特徴です。

 

 →キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる

 

毎日でも染められるやさしさ

キラリとろーりムースは、
「毎日」使えるほどのやさしさです。

ジアミンを配合せず、
天然由来の染料も配合しているので、
刺激にならずに染められて、
頭皮や髪にトラブルが起きにくい処方です。

口コミやモニターさんの声を見ても
刺激やかゆみを感じたという方は
見かけませんでした。

髪のダメージを補修する、
各主成分も配合しているので、
白髪染めをしながら、
健康な髪へ導くというWのケアができます。

やはり、直接髪や地肌に使うものなので
安全性が高いことは必須ですよね。

キラリとろーりムースなら、
それが叶います。

 

 →キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる

 

人気色はダークブラウン。カラー展開と色見本

この記事ではキラリとろーりムースの
色について解説します。

ぜひ色味を確認したり、
色選びの参考にしてください。

まず、キラリとろーりムースの
色展開は3色になります。

・ブラック
・ダークブラウン
・ライトブラウン

色見本はコチラになりますので、
チェックしてみてください↓

f:id:kirariseibun:20170329235829j:plain

一番の人気色はダークブラウン。

落ち着いた茶色に染まるので、
比較的誰にでも馴染みやすく、
失敗の少ないカラーと言えるでしょう。

迷う方は、こちらを選ばれると
良いのではないでしょうか。

キラリはどの色も、
はっきりと染まりすぎずに
自然な色合いに染まります。

ブラウンは、少しピンク系の色味が
入っているように感じられますね。
女性の髪に馴染みやすいカラーです。

 

→キラリとろーりムースをさらに詳しく見てみる